ホーム > ニュースリリース > 2015年 > 沖縄県内で初の「プラチナくるみん」企業に認定

ニュースリリース 2015年

2015年08月13日

オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社

沖縄県内で初の「プラチナくるみん」企業に認定

 オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社(本社:沖縄県那覇市、社長:片平 聡)は、このたび、沖縄労働局より「改正次世代育成支援対策推進法」に基づく特例認定(通称:プラチナくるみん認定)企業として認定されましたのでお知らせします。 
 なお本件は、沖縄県内の企業として初の認定となります。

 プラチナくるみん認定制度は、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けた企業のうち、さらに高い水準の取り組みを行った企業が認定を受けられる制度で、2015年4月1日より創設されました。

 
 

 当社は、従業員一人一人が豊かさを実感できる職場作りの実現に向けてさまざまな施策を実施してきました。特に、所定外労働の削減、年次有給休暇の取得促進、子育てと仕事を両立する従業員の就業継続および能力向上支援などの取り組みが評価され、このたびの認定につながりました。

<行動計画と取組結果>

 期間  2011年4月1日〜2015年3月31日
 内容  ・2015年3月31日までに男性社員が1人以上育児休職を取得する。
・育児に対する社内理解向上のための施策実施。
・ノー残業デーの実施を推進するなど所定外労働時間削減措置の実施。
・育児休業等を取得した女性が就業を継続し、活躍できるようなキャリア形成支援の実施。
 取組結果  ・男性の育児休職取得者の経験談やアンケート等をPRし取得推進した結果、6人が取得。
(期間中、配偶者が出産した男性従業員数11名。育児休職取得率55%)
・管理職への働きかけ、ヒアリングやモニタリングを継続して行い残業削減目標を達成。
・育児休職取得中の従業員を対象に、職場復帰を支援する説明会「ORIX Group Mom in Okinawa」を開催。
(期間中、出産した女性従業員は102名。育児休業取得率100%)

 

 当社は、これまでの各種取り組みに加えて、さらなるワークライフバランスの向上や業務における生産性の向上、有能な人材確保を実現するため、時間や場所にとらわれない多様な働き方の選択肢として、本年7月1日から新たに「在宅勤務制度」「フレックスタイム制度」「時間単位年休制度」を導入しました。今後もさらに従業員一人一人が豊かさを実感し、活躍できる環境作りを推進してまいります。

会社概要
 会社名
 代表者
 事業所


 株主
 連絡先
 事業内容
 URL


:オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社
:取締役社長 片平 聡
:(本社)沖縄県那覇市おもろまち1-1-2 那覇新都心センタービル3F
 (旭町事業所)沖縄県那覇市旭町112-1 金秀ビル6F
 (宜野座事業所)沖縄県宜野座村字松田1443 宜野座村サーバーファーム2F
: オリックス株式会社(100%)
: TEL:098-951-1551(代)、 FAX:098-951-1460(代)
: 事務センター、コンタクトセンター
http://www.orix.co.jp/obco/ 新しいウィンドウで開きます。

<本件に関するお問い合わせ先>

オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社
総務部 森山・真榮城 TEL : 098-951-1551
ホームページ : http://www.orix.co.jp/obco/

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。