ホーム > ニュースリリース > 2015年 > オリックス、やぶパートナーズ、JAたじま、地元農業者が農業生産法人を申請

ニュースリリース 2015年

2015年07月09日

オリックス株式会社

オリックス、やぶパートナーズ、JAたじま、地元農業者が農業生産法人を申請
〜国家戦略特区 養父(やぶ)市で生産・販売・物流体制を確立〜

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮、以下「オリックス」)は、国家戦略特区である兵庫県養父(やぶ)市で、100%子会社のオリックス農業株式会社(本社:東京都港区、社長:金子 敬、以下「オリックス農業」)と養父市100%出資のやぶパートナーズ株式会社(本社:兵庫県養父市、社長:三野 昌二、以下「やぶパートナーズ」)、JAたじま(本店:兵庫県豊岡市、代表理事組合長:尾崎 市朗)、地元農業者の共同出資により、『やぶファーム株式会社』(本社:兵庫県養父市、代表取締役:堀井 克夫、以下「やぶファーム」)を本年6月5日に設立し、本日、国家戦略特区での農業生産法人として農地法3条による権利取得を申請しましたのでお知らせします。

 
『やぶファーム株式会社』が生産を予定している農地

 今回の取り組みでは、やぶファームが、兵庫県養父市大薮地区でご賛同いただいた農業者の皆さまから、当初農地約1.2haを賃借し、初年度は、養父市の特産であるピーマンと、黒大豆、タマネギ、にんにくなどの露地栽培を行います。生産する野菜は特別栽培※を基本とし、機能性野菜の生産も計画しています。オリックスはすでに稼働中の養父レタス工場で生産したレタスの直販ルートを活用し、やぶファームで生産した農作物を直売し、事業の高収益化を目指します。また、JAたじまは農業者への営農指導と資材供給を担い、農作物の品質向上と特別栽培による農作物生産の指導を担当します。やぶパートナーズは、新規就農者の支援と新規雇用の創出や6次産業化による販路拡大、地産地消による地域の活性化を図り、地元農業者は農地の提供、農産物の生産を担当します。地元農業者の中には、地元で運送業を経営している山本洋介氏(山本運輸株式会社代表取締役、本社:兵庫県養父市)も参加が決定しており、やぶファームは養父市で生産・販売・物流が一体となった協力体制を確立し、中山間地域における新たな農業ビジネスモデルの構築に取り組んでまいります。
 大薮地区は、養父市の北東、円山川沿いの水田地帯に位置し、旧来より千石もの米がとれる肥沃な水田であったことから「千石田」と呼ばれている水稲が盛んな地域です。しかしながら、農業者の高齢化が進み、後継者難を抱えていることから、徐々に未作付地が増えつつあります。やぶファームは、今後5年間で地元大薮地区等の農業者の皆さまのご協力を得て、農地を10haまで拡大し、農産物の増産を目指します。さらに加工業者との連携にも着手し、養父市の名産品である朝倉山椒等を利用した加工品生産を通して、地域内で連携を図り活性化を目指します。
 オリックスは、2014年7月1日より100%子会社であるオリックス農業株式会社(旧:OAファーム株式会社)を通じて、養父市の廃校となった小学校の体育館でリーフレタスなどを栽培する養父レタス工場(完全人工光型植物工場)を運営してまいりましたが、農業生産法人設立による農業参入、露地栽培は、初めての取り組みとなります。市行政や農業関係者等が一体となり、増え続ける耕作放棄地の解消や、農業後継者の確保などの農業振興を積極的に推進し、2014年3月に中山間地域農業の「改革拠点」として、国家戦略特区の区域指定を受けた養父市では、農業委員会から市長への農地の権利移動にかかる権限の移譲や、民間企業の農業参入を促進するための農業生産法人の役員要件緩和など、全国に先駆けてさまざまな規制緩和が実施されております。今回設立したやぶファームも、この特例を活用した農業生産法人です。
 中山間地域と呼ばれる農業の条件不利地域は、国土の約73%、耕地面積の約40%を占めており、やぶファームは、養父市と同じ問題を抱える全国各地に、中山間地域農業のモデルを示すべく、さらなる規制緩和の実施を期待するとともに、養父市民が一丸となった、安心・安全でおいしい野菜の生産、および野菜の新たなサプライチェーンの構築を行い、日本の農業をビジネス化し、地域活性化を推進してまいります。

※農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に使われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で行われる栽培方法。2007年3月農林水産省のガイドラインにより規定。

【『やぶファーム株式会社』概要】

本社所在地
設立年月日
資本金
株主構成

:  兵庫県養父市大薮
:  2015年6月5日
:  4,000千円
:  オリックス農業株式会社、たじま農業協同組合、やぶパートナーズ株式会社、地元農業者7名(うち1名は、山本運輸株式会社社長)

【『やぶファーム株式会社』の生産概要】

所在地
面積
生産品目

:  兵庫県養父市大薮〜養父市場
:  約1.2ha
:  ピーマン、黒大豆、タマネギ、にんにくなど  

<本件に関するお問い合わせ先>

グループ広報部 永井・鷲見 TEL : 03-5418-4313

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。