ホーム > ニュースリリース > 2015年 > 「茨城県鹿島港沖大規模洋上風力発電所」事業への参画について

ニュースリリース 2015年

2015年05月28日

株式会社ウィンド・パワー・グループ
SBエナジー株式会社
オリックス株式会社

オリックスの「茨城県鹿島港沖大規模洋上風力発電所」事業への参画について

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:井上 亮、以下「オリックス」)は、小松アグループの株式会社ウィンド・パワー・グループ(本社:茨城県神栖市、代表取締役:小松ア 衞、以下「ウィンド・パワー・グループ」)およびSBエナジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下「SBエナジー」)が茨城県神栖市の鹿島港沖で進める大規模洋上風力発電事業「茨城県鹿島港沖大規模洋上風力発電所」の建設に参画して共同で発電事業を推進することに合意し、本日、本事業会社へ出資しましたのでお知らせします。

 「茨城県鹿島港沖大規模洋上風力発電所」は、茨城県神栖市の鹿島港沖合で、1基あたり5,000kWの大型風力発電機を20基設置します。出力規模はアジアでも最大規模の約10万kW(約100MW)を予定する国内初の商業用大規模洋上風力発電事業で、年間予想発電量は約2億4,500万kWh/年を見込みます。本発電所は今後、ウィンド・パワー・グループ、SBエナジー、オリックスが共同出資する「株式会社ウィンド・パワー・エナジー」を特別目的会社(SPC)として建設計画を推進します。なお、オリックスが洋上風力発電事業に参画するのは初めてです。

 ウィンド・パワー・グループ、SBエナジーおよびオリックスは、今後も自然エネルギーの普及・拡大を目指し、風力発電所をはじめとする自然エネルギー発電所の建設および運営を推進します。

■「茨城県鹿島港沖大規模洋上風力発電所」概要

 所在地  茨城県神栖市鹿島港沖合
 出力規模  10万kW(5,000kW×20基)
 年間予想発電量
 (初年度)
 2億4,500万kWh (予定)
 一般家庭約6万8,000世帯分の年間電力消費量に相当
 ※1世帯当たり3,600kWh/年で算出

 

■「株式会社ウィンド・パワー・エナジー」概要

 正式名称  株式会社ウィンド・パワー・エナジー
 所在地  茨城県神栖市南浜3番地226
 代表者  代表取締役 小松ア 衞
 設立年月日  2011年3月
 出資構成  株式会社ウィンド・パワー・グループ:33.4%
 SBエナジー株式会社:33.3%
 オリックス株式会社 :33.3%

●このプレスリリースに掲載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

 

<本件に関するお問い合わせ先>

オリックス株式会社 グループ広報部 堀井・柴田 TEL : 03-3435-3167
株式会社ウィンド・パワー・エナジー 広報 TEL : 0299-77-8511
ソフトバンク株式会社 広報室 SBエナジー担当 TEL : 03-6889-2300

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。