ホーム > ニュースリリース > 2014年 > 三重県四日市市で最大出力8.7MWのメガソーラーの建設に着手

ニュースリリース 2014年

2014年06月25日

オリックス株式会社

三重県四日市市で最大出力8.7MWのメガソーラーの建設に着手

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、このたび、三重県四日市市の土地を活用し、最大出力8.7MW(8,697kW)の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設しますのでお知らせします。


(太陽光パネル設置予定地)

■事業概要

 所在地  三重県四日市市西坂部町小松ヶ谷1319他
 出力規模 (モジュール容量)  8,697kW(予定)
 敷地面積  約127,920m2
 パネル枚数  34,104枚(予定)
 年間予想発電量
 (初年度)
 9,671,260kWh(予定)
 一般家庭約2,690世帯分の年間消費電力に相当(*)
 工事着工時期  2014年7月
 運転開始時期  2015年11月(予定)

(*)1世帯当たり3,600kWh/年で算出。出典:電気事業連合会「電力事情について」

 オリックスは、太陽光、地熱、木質バイオマスなどの再生可能エネルギーによる発電事業、太陽光発電システムの販売事業、電力小売事業、ESCOなどの省エネルギーサービス、マンション向け電力一括購入サービス、蓄電池のレンタルサービスなど、幅広い領域でエネルギー関連ビジネスを展開しています。今後も、再生可能エネルギーをはじめとしたエネルギー関連事業を積極的に展開するとともに、新しい付加価値をご提供してまいります。
※ご参考リリース(2014年4月7日付):http://www.orix.co.jp/grp/news/2014/140407_ORIXJ.html
「太陽光発電事業、合計425MWの開発に着手」


<本件に関するお問い合わせ先>

グループ広報部 堀井・柴田 TEL : 03-3435-3167

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。