ホーム > ニュースリリース > 2013年 > カンボジア最大手ACLEDA銀行へ資本参加

ニュースリリース 2013年

2013年11月13日

オリックス株式会社

カンボジア最大手ACLEDA銀行へ資本参加

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、カンボジア最大手の商業銀行ACLEDA BANK Plc(本社:カンボジア・プノンペン、以下「ACLEDA」)へ資本参加しますのでお知らせします。このたび、カンボジア中央銀行より株式取得が認められ、年内にACLEDA株式の6%を取得する予定です。

 ACLEDAは、1993年に零細企業の発展と雇用の創出支援を目的にマイクロファイナンスに特化したNGOとして発足したカンボジア最大の商業銀行です。2000年にNGOから銀行へ改組した際には、欧米の開発銀行などを株主として受け入れるとともに、経営の執行と監督を分離したガバナンス体制を整えるなど、高い信用力と透明性のある経営体制を構築しています。現在では国内全域に238カ所の営業拠点を設け、中小零細企業向けファイナンス事業を中心に強固な顧客基盤を有しています。また、2008年にはラオスに銀行を、2012年にはミャンマーにマイクロファイナンス会社を設立し、高い経済成長が見込まれるインドシナを基盤に事業領域の拡大を図っています。

 一人当たりGDPがASEAN域内で最低水準であるカンボジアは、人口の約2/3が20歳代以下と低廉な若年労働力を提供できる生産拠点として関心が高まっています。2005年には経済特別区(Special Economic Zone)を制度化し、日本をはじめ海外企業が進出しやすい環境を整えており、製造業やサービス業を中心に近年高い経済成長を遂げています。

 オリックスは、これまでもアジア各国に進出する際には現地の有力企業とパートナーシップを形成し、事業領域を拡大してきました。今回初めて進出するカンボジアにおいても、これまでに日本やアジアで培ってきた金融サービス事業のノウハウをもとに、ACLEDAの新規事業展開や企業価値向上に貢献していくとともに、ACLEDAをビジネスパートナーとして新規投資案件の発掘などを図ってまいります。

 オリックスは、今後も成長が期待できるアジアにおいて、金融サービス分野を中心に事業の拡大を進めてまいります。

 

■ 「ACLEDA」概要 

会社名
所在地
代表者
設立
株主







事業内容
HP

:ACLEDA Bank Plc
:カンボジア・プノンペン
:Dr. IN Channy (President and CEO)
:2000年10月
:ASA,Plc.(カンボジア)
 ACLEDA NGO(カンボジア)
 International Finance Corporation(アメリカ)
 JSH Asian Holdings Limited(香港)
 Compagnie Finacière de la BRED(フランス)
 Triodos-Doen Foundation(オランダ)
 Triodos Fair Share Fund(オランダ)
 Triodos Microfinance Fund(オランダ)
:商業銀行業
http://www.acledabank.com.kh/kh/eng/index.php 新しいウィンドウで開きます。

<本件に関するお問い合わせ先>

グループ広報部 堀井・石井 TEL : 03-3435-3167

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。