ホーム > ニュースリリース > 2013年 > 福祉車両の寄贈について

ニュースリリース 2013年

2013年02月22日

公益財団法人 オリックス財団

福祉車両の寄贈について
〜岩手県、福島県の社会福祉施設5ヵ所に福祉車両を寄贈〜

 公益財団法人 オリックス財団(住所:東京都港区、代表理事:宮内 義彦、以下「オリックス財団」)は、東日本大震災の被災地支援の一環として、岩手県・福島県の社会福祉施設5ヵ所に対して計5台の福祉車両を寄贈しましたのでお知らせいたします。

 オリックスグループでは、社会福祉、将来を担う子ども・青少年の育成、音楽・文化芸術など、企業活動ではカバーできない分野での支援活動を継続的に行うことを目的に、2006年4月、オリックス社会貢献基金を設立しました。2010年12月には内閣総理大臣から公益認定を受けてオリックス財団に移行し、支援活動を行っています。      

 

 福祉車両の寄贈については、2006年度より実施しており、これまでに全国の社会福祉施設25ヵ所に計25台を寄贈しています。加えて、2011年度は東日本大震災の復興支援の一環として、オリックスグループ役職員から募った義援金およびオリックス財団の資金をもとに、宮城県・岩手県沿岸部の社会福祉施設に対して福祉車両、一般車両を合計35台寄贈しました。今年度も被災地復興の継続支援として、岩手県・福島県の行政機関や社会福祉協議会にニーズをヒアリングし、車両不足で悩まれている施設への寄贈を決定しました。

 ■寄贈先一覧

 オリックス財団は、今後も、真に「豊かな社会」の実現に寄与することを目的に、さまざまな支援活動を行ってまいります。

<本件に関するお問い合わせ先>

オリックス株式会社
グループ広報部 石井・柴田 TEL : 03-5419-5102

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。