ホーム > ニュースリリース > 2012年 > 東急ホームズのショールームでデジタルサイネージを用いた情報提供を開始

ニュースリリース 2012年

2012年05月11日

株式会社東急ホームズ
ソフトバンク クリエイティブ株式会社
オリックス株式会社

東急ホームズが提供する「新しいショールームのカタチ」
輸入住宅<ミルクリーク>・渋谷ショールームにて、
デジタルサイネージを用いた情報提供を開始!

 株式会社 東急ホームズ(本社/東京都渋谷区、代表取締役/鈴木 春仁)では、北米式輸入住宅<ミルクリーク>による注文住宅事業を展開し、"本物の暮らしやすさを備えた、国際水準の高品質な住宅"を提供してまいりました。
 この度、5月12日(土)にオープンする「東急ホームズ・渋谷ショールーム」において、ソフトバンク クリエイティブ株式会社(本社/東京都港区、代表取締役社長/土橋 康成)とオリックス株式会社(本社/東京都港区、代表執行役社長/井上 亮)が共同で提供する、最新型タッチパネル式デジタルサイネージを用いて、お客さまが主体となって情報検索ができる情報提供システムの運用を開始します。

 「デジタルサイネージ」とは、駅や商業施設、観光地などの人が集まる場所にディスプレーを設置し、ネットワークを通じて情報を配信するサービスです。今回導入するデジタルサイネージは、従来の一方的な情報発信機能だけでなく、利用者がディスプレーにタッチするだけで簡単に情報収集ができ、スマートフォン感覚で相互にコミュニケーションできる点が特長です。

  近年、お客さまが住まいづくりに求める情報は多様化しており、お客さまによって知りたい情報の内容や深さは異なります。限られたスペースの中で、お客さまに最大限の情報を提供したいという目的から、営業担当が主体となって順路に沿ってご説明する従来の手法に加えて、お客さまが求める情報をお客さま主体で引き出せるような仕組みを模索した結果、今回のデジタルサイネージの導入に至りました。


デジタルサイネージ
(使用イメージ)

 基本コンテンツとして、部材ごとに分けられた建築実例画像情報(フォトギャラリー)や、各展示場の情報や動画コンテンツ、ショールーム周辺情報や、オリジナルキャラクターとの記念撮影ができるカメラ機能など、輸入住宅<ミルクリーク>の魅力を伝えるさまざまなコンテンツを配信しています。

 今後は、首都圏18カ所の各展示場への展開も視野に入れながら、お客さまのご意見も取り入れ、さらなる魅力的なコンテンツの開発に取り組んでいきます。

フォトギャラリー             展示場情報案内
    

デジタルサイネージ(全体イメージ)

■会社概要

<株式会社東急ホームズ>

本社
代表者
資本金
事業内容 

:東京都渋谷区道玄坂1丁目21-14
:代表取締役 鈴木 春仁
:4億円
:注文住宅事業、リフォーム事業、コンサルティング事業、建売住宅事業、資産活用事業

 

<ソフトバンク クリエイティブ株式会社>

本社
代表者
資本金
事業内容 

:東京都港区六本木2丁目4-5
:代表取締役社長 土橋 康成
:1億円
:デジタルコンテンツ事業、デジタルサイネージ事業、出版事業、企画制作事業

 

<オリックス株式会社>

本社
代表者
株主資本
事業内容 

:東京都港区芝4丁目1-23
:代表執行役社長・グループCOO 井上 亮
:1兆3,961億3,700万円 (連結、2012年3月31日現在)
:多角的金融サービス業

 

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社 東急ホームズ 広報課:須田 TEL:03-3462-6814
ソフトバンク クリエイティブ株式会社 第1デジタルサイネージ事業部 担当:玉置 TEL:03-5549-1309
オリックス株式会社 広報部 担当:堀井・柴田 TEL:03-5419-5102

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。