ホーム > ニュースリリース > 2012年 > メガソーラー発電事業、全国17ヵ所で合計最大出力82MWの発電所を開発

ニュースリリース 2012年

2012年11月27日

オリックス株式会社

メガソーラー発電事業、全国17ヵ所で合計最大出力82MWの発電所を開発

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、全国17ヵ所で、合計最大出力81.6MW(81,600kW)の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の開発に着手しますのでお知らせします。
 このたび開発に着手するプロジェクトにおける年間の予想総発電量は9,048万kWhで、これは一般家庭約25,100 世帯分(※)の年間電力消費量に相当します。
 
 昨今、再生可能エネルギーの利用拡大が進む中、オリックスは、「太陽光発電事業」および「太陽光発電システムの販売事業」を積極的に推進しています。
 企業や自治体などが保有する土地を賃借し、大規模太陽光発電所を建設する「メガソーラー発電事業」においては、3年以内に合計最大出力100MW(10万kW)の発電所の設置を目標に推進してきました。

 同時に展開している、企業や自治体などが保有する大型施設の屋根を賃借し、太陽光発電システムを設置する「屋根借り方式太陽光発電事業」においても、3年以内に合計最大出力100MW(10万kW)の設置を目指しています。

 また、オリックスは、2010年より「太陽光発電システムの販売事業」を手がけています。2012年7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度が開始されて以降、企業においても自社の工場や倉庫などを活用した太陽光発電事業のニーズが急速に高まっており、割安な価格でのシステム販売から、ファイナンス、設置工事、設備認定の取得サポートまで、お客さまの円滑なシステム導入を支援しています。


(完成イメージ:香川県三豊市)

 オリックスは、今後も、再生可能エネルギーをはじめとしたエネルギー関連事業を積極的に展開するとともに、お客さまへ新しい付加価値の提供を目指してまいります。

※ 1世帯当たり年間3,600kWhで試算。出典:電気事業連合会「電力事情について」

■プロジェクト計画一覧

(※) オリックス株式会社と株式会社九電工の共同事業

<本件に関するお問い合わせ先>

グループ広報部 堀井・柴田 TEL : 03-5419-5102

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。