ホーム > ニュースリリース > 2012年 > 沖縄県北谷町ホテル開発事業、ホテルの運営業務委託先をヒルトン・ワールドワイドに決定

ニュースリリース 2012年

2012年10月12日

オリックス不動産株式会社

沖縄県北谷町ホテル開発事業
ホテルの運営業務委託先をヒルトン・ワールドワイドに決定
ホテル名称は「ヒルトン沖縄北谷(Hilton Okinawa Chatan)」

 オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:山谷 佳之、以下「オリックス不動産」)は、沖縄県中頭郡北谷町における「北谷町フィッシャリーナ整備事業」※1地区内で計画しているホテル開発事業において、ホテルの運営業務委託先をヒルトン・ワールドワイド(本社:米国ヴァージニア州、プレジデント兼CEO:クリストファー・J・ナセッタ、以下「ヒルトン」)とし、ホテル名称を「ヒルトン沖縄北谷(Hilton Okinawa Chatan)」とすることを決定しましたので、お知らせいたします。

           

 本ホテルの計画地は、沖縄県中頭郡北谷町字美浜に位置します。北谷町は県内主要観光地の中心に立地し、交通アクセスに優れており、年間約830万人※2が訪れる県内有数の商業集積地「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」を有し、今日でも発展を継続しているエリアとして知られています。オリックス不動産は、その北谷町の中でも、米軍基地返還(昭和56年)に伴う北谷町西海岸総合整備計画区域最後の計画地区である「北谷町フィッシャリーナ整備事業」地区内に、アーバンリゾート型のホテルの建設を計画しています。

 本ホテルは、地上9階建、客室数346室(うち約9割がオーシャンビュールーム)、敷地内には屋外プール(2ヶ所)・屋内プールと緑豊かな植栽を配したガーデンを予定しており、訪れたお客さまに"水と緑による楽しみと寛ぎ"の空間を提供いたします。この他にも、地元の食材を生かしたレストランや、天井の高さ約5mの吹抜けを有し、水盤とともに海を望めるロビー・ラウンジなどにより、訪れていただくお客さまを暖かくお迎えします。

 今回、運営業務委託先に決定したヒルトンは、世界をリードするホスピタリティ企業であり、世界90ヶ国で3,900軒、640,000室を超えるホテルを展開するグローバルに認知されたブランドオペレーターです。日本国内では1963年の初進出以来、約50年の歴史を誇り本ホテル開業により11軒目となります。沖縄県内では、コンテンポラリーな高級ブランドとして急成長を遂げている「ダブルツリーbyヒルトン」として日本初となる「ダブルツリーbyヒルトン那覇」(那覇市、客室数227室)を2012年5月に開業しており、本ホテルと合わせ、2軒目となります。なお、本ホテルはヒルトン傘下の「ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ」ブランドにて運営することが決定しています。
 
 オリックス不動産は、ビジネスホテル、シティホテル、リゾートホテル、サービスアパートメント、温泉旅館などの宿泊施設を保有しています。本ホテル開発事業においても、従来の開発事業・運営事業の経験を生かし、また世界をリードするホスピタリティ企業であるヒルトンとタッグを組み、皆さまに愛され、喜ばれるホテルの開発を推進してまいります。

※1 沖縄県民と観光客、一次産業と三次産業など海と陸の交流拠点を形成し、北谷の海の資源を生かした世界に誇る
ウォーターフロントの形成を目指す事業。
※2 沖縄県北谷町フィッシャリーナ整備事業ホームページより。(2003年度来客者数)

【ヒルトン沖縄北谷 事業概要】

■所在地
■交通
■敷地面積
■延床面積
■建物規模
■客室数
■館内施設

■構造
■基本設計
 デザイン監修
 実施設計
■施工
■運営業務
■今後の予定

: 沖縄県中頭郡北谷町字美浜40-1他(地番)
: 那覇空港より車で約40分
: 23,278.82m2(7,041.84坪)
: 約26,820m2(8,113.05坪)
: 地上9階地下1階(予定)
: 346室(予定)
: 屋外プール(2ヶ所)、屋内プール、レストラン(2ヶ所)、
 ラウンジ、宴会場、会議室、ビジネスセンター、スパ、フィットネス
: RC造(一部鉄骨造)
: 株式会社久米設計
: 光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所株式会社
: 株式会社大林組
: 株式会社大林組(予定)
: ヒルトン・ワールドワイド
・2012年11月 着工予定
・2014年5月 竣工予定
・2014年9月 開業予定

■所在地
・位置図

・フィッシャリーナ地区 ヒルトン沖縄北谷計画地

<お問い合わせ先>

【本件に関するお問い合わせ先】
オリックス不動産株式会社 社長室 永井・中村・石井
TEL : 03-5418-4313

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。