ホーム > ニュースリリース > 2011年 > オリックス米国財団が仙台市に奨学金を創設

ニュースリリース 2011年

2011年11月22日

オリックスグループ
公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

オリックス米国財団が仙台市に奨学金を創設
〜ユネスコ協会就学支援奨学金「オリックス米国財団奨学生」〜

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)の米国現地法人であるORIX USA Corporation(オリックス100%出資、以下「OUC」)は、「オリックス米国財団」を通じて東日本大震災で被災した仙台市の生徒の就学支援を目的に、公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟(本社:東京都渋谷区、会長:松田 昌士)と、ユネスコ協会就学支援奨学金「オリックス米国財団奨学生」を創設いたしましたのでお知らせします。

 OUCは、社員のボランティア活動やOUCが本社を置くテキサス州ダラス市周辺地域で活動するNPOを支援する目的で、2009年1月に社会援助基金「オリックス米国財団」を設立し、活動しています。今回は、仙台市とダラス市が「友好都市」であることから、同財団での支援を検討し、日本ユネスコ協会連盟との協議のもと奨学金の創設にいたりました。奨学金の内容は以下のとおりです。

1.奨学金名

ユネスコ協会就学支援奨学金「オリックス米国財団奨学生」

2.対象者

仙台市在住で東日本大震災により家庭の経済状況が著しく悪化し、就学の継続に支障をきたしている生徒約60名。中学3年生が対象で、仙台市教育委員会と協議の上、日本ユネスコ連盟が選考します  

3.給付奨学金

月額2万円(年間24万円)を3年間給付します。なお、本奨学金は返還不要です。                                 

4.運営者

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟


 本奨学金プログラムへの応募方法などは、今後、日本ユネスコ協会連盟および仙台市教育委員会を通じてお知らせします。

 オリックスグループと日本ユネスコ協会連盟は、今後も被災地のニーズに応じて継続的に支援活動を検討してまいります。

<お問い合わせ先>

<本リリースに関するお問い合わせ先>
オリックス株式会社 広報部:池田・柴田 TEL:03-5419-5102
<本奨学金に関するお問い合わせ先>
公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟 奨学金事業担当:関口・佐々木 TEL:03-5424-1121

 

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。