ホーム > ニュースリリース > 2011年 > 潟Lューコーリースの株式引き受けについて

ニュースリリース 2011年

2011年11月15日

オリックス株式会社

潟Lューコーリースの株式引き受けについて
〜九電工とパートナーシップ関係を構築し、相互の事業拡大へ〜

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮、以下「オリックス」)は、本日、株式会社九電工(本社:福岡県福岡市、社長:橋田 紘一、以下「九電工」)との間で戦略的パートナーとして協業を推進すること、および九電工の100%リース子会社である株式会社キューコーリース(本社:福岡県福岡市、社長:後藤 和雄、以下「キューコーリース」)が発行する新株を引き受けることについて合意し、株主間契約および株式引受契約を締結しましたのでお知らせします。
 本株式の引き受けにより、オリックスはキューコーリースの発行済株式の90%を取得し、九電工は引き続き10%を保有します。

 九電工は、1944年に創業以降、配電線や屋内線の電気工事、空調管設備工事に業容を拡大。その後も時代の変化に応じ、環境設備、エネルギー利用効率化、情報通信などの成長分野へ経営を多角化し、さらに防災システムや自然エネルギーを利用した風力・太陽光発電システム、エコロジー分野などの事業展開を進めています。
 キューコーリースは、1988年に九電工グループとして発足して以降、設備リースや自動車リースを中心に事業を展開しています。現在は、九州各県と東京に拠点を設け、地場に安定した顧客基盤を有しています。また、九電工グループや九州電力グループ、九州の各官公庁との取り引きにも強みを持っています。

 オリックスは、本株式引受により、キューコーリースのお客さまに対しオリックスグループが持つ金融サービスをご提供することで多様なニーズにお応えしてまいります。また、オリックスと九電工は、相互の営業基盤や、オリックスが持つ金融サービスノウハウと九電工が有する技術力などの融合を図り、特に環境エネルギー関連事業などにおいて強固なパートナーシップ関係を構築し、九州地区での一層の事業拡大を図ります。

 オリックスは、今後もさまざまなアライアンスを強化・推進し、法人向け金融サービス事業の拡大を図ってまいります。

■九電工概要

会社名      
代表者      
設立        
所在地      
上場        
事業内容        
ホームページ

:株式会社九電工
:橋田 紘一
:1944年12月
:福岡市南区那の川一丁目23番35号
:東京証券取引所、福岡証券取引所
:総合設備業
http://www.kyudenko.co.jp新しいウィンドウで開きます。

■キューコーリース概要

会社名      
代表者      
設立        
所在地      
営業拠点    

従業員数
事業内容        
ホームページ

:株式会社キューコーリース
:後藤 和雄
:1988年7月
:福岡市中央区高砂二丁目10番1号
:8拠点(本社、北九州支社、大分支社、宮崎支社、鹿児島支社、熊本支社、長崎支社、東京支社)
:58名(2011年10月末現在)
:総合リース業
http://www.kyuko-lease.co.jp新しいウィンドウで開きます。

 

<本件に関するお問い合わせ先>

広報部 池田・堀井 TEL : 03-5419-5102

 

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。