ホーム > ニュースリリース > 2011年 > インドの自動車関連サービス会社の子会社化について

ニュースリリース 2011年

2011年09月21日

オリックス株式会社

インドの自動車関連サービス会社の子会社化について
〜インドでの自動車関連事業を強化〜

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮、以下「オリックス」)は、このたび、INFRASTRUCTURE LEASING & FINANCIAL SERVICES LIMITED(本社:インド・ムンバイ市、以下「IL&FS」)との間で、IL&FS およびその関連会社が保有するORIX Auto Infrastructure Services Limited(本社:インド・ムンバイ市、以下「OAIS」)の株式約70%を譲り受ける契約を締結しましたので、お知らせします。
 この結果、オリックスのOAISへの出資比率は99.95%となり、オリックスの連結子会社となります。

 OAISは、1995年にオリックスとIL&FSが共同で設立し、自動車のリースや割賦、レンタカー事業、トラックローン事業など、自動車関連サービスを提供してきました。現在、オリックスは日本を含む世界19カ国において自動車リース事業および関連サービスを展開しています。今回の子会社化により、グローバルに自動車関連事業を展開するオリックスのノウハウを提供し、今後さらなる成長が期待されるインドでの事業拡大を目指します。

 オリックスは、1993年にIL&FSへ資本参加し、インドでのビジネスを展開しています。同社は、1987年に設立され、インド・セントラル銀行やインドステイト銀行、インド生命保険なども出資する金融会社であり、インフラ開発や投資銀行業務を行っています。また、アジアにおけるインフラ開発投資ファンドの組成なども手がけています。

 オリックスは、成長著しいインド市場において、国内外で培った専門性を生かして付加価値の高い金融サービス事業を拡大してまいります。
 

<本件に関するお問い合わせ先>

広報部 池田・堀井 TEL : 03-5419-5102

 

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。