ホーム > ニュースリリース > 2011年 > 『蓼科グランドホテル滝の湯』の取得および運営開始のお知らせ

ニュースリリース 2011年

2011年09月01日

オリックス不動産株式会社

『蓼科グランドホテル滝の湯』の取得および運営開始のお知らせ

 オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:山谷 佳之、以下「オリックス不動産」)は、本日、長野県茅野市蓼科温泉郷の温泉旅館『蓼科グランドホテル滝の湯』を取得し、運営を開始しましたので、お知らせします。

 『蓼科グランドホテル滝の湯』は、大正12年に創業した、国内の代表的な保養地として親しまれる長野県蓼科高原の中心部に位置する老舗温泉旅館です。客室数143室の蓼科高原では最大規模の施設で、2つの源泉を利用した8つの湯をお楽しみいただけます。


<施設外観>   


<信玄野天風呂> 

 『蓼科グランドホテル滝の湯』は、オリックス不動産が運営する5件目の旅館として、再生に向けて新たにスタートします。オリックス不動産は、全国でホテル、研修所、水族館、ゴルフ場、高齢者向け住宅などの施設運営事業や各地の老舗有力旅館の再生事業を手がけています。これらの施設運営・再生事業で培ったノウハウを生かし、地元地域を含む全国のお客さまに、より一層喜ばれ、親しんで頂ける『蓼科グランドホテル滝の湯』を目指し、運営してまいります。

 現在、大浴場やバイキングレストランのリニューアルを検討しておりますが、詳細につきましては、内容が確定次第改めてお知らせします。
 今後とも、皆さまからのご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

■ 『蓼科グランドホテル滝の湯」 概要
 蓼科高原は、長野県中部、山梨県境にそびえる八ヶ岳の西麓、茅野市北部に広がる高原です。内陸かつ標高900m〜1,800mに位置することから、湿度が低く、夏季は冷涼で本州の代表的な避暑地として親しまれています。冬季は非常に軽い良質な雪に恵まれ、スキーをはじめとするウインタースポーツに好適です。また、蓼科温泉は信玄の隠し湯として知られ、古くから湯治に利用されています。
 滝の湯川の渓流沿いに建つ『蓼科グランドホテル滝の湯』は、大正12年(1923年)に創業、88年の歴史を持つ老舗温泉旅館として親しまれています。自家源泉の名湯と渓流を眺めながら入浴できる信玄野天風呂をお楽しみいただけます。

【所在地】
【施設規模】
【温泉】


【飲食施設】

【宴会場】
【その他】
【交通アクセス】

【URL】
【新運営会社】 

〒391-0393 長野県茅野市蓼科温泉
客室数:143室 、収容人数:750名
信玄野天風呂 「渓流の湯」・「潤肌の湯」・「冷泉」
庭園大浴場 「滝見の湯」・「泡沫の湯」
貸切露天風呂 「槇の湯」・「檜の湯」・「石の湯」
レストラン「パレスサンシャイン」、お座敷・個室「せせらぎ亭」、
料亭街「御堂小路」、茶屋「信濃茶屋」、ティーラウンジ「滝」
大宴会場(1)、中宴会場(2)、会議室(1)
お土産処「やまびこ」、カラオケルーム、ゲームコーナー、ガーデンプール
JR中央東線「茅野駅」よりタクシーで20分、路線バスで35分、
中央自動車道「諏訪」I.C.より30分
http://www.takinoyu.co.jp/
杉乃井リゾート株式会社 (オリックス不動産100%出資)

■ オリックス不動産株式会社が運営する温泉旅館
●『杉乃井ホテル』 <大分県別府市/別府温泉> http://www.suginoi-hotel.com/
  (1)施設規模 : 客室数592室、収容数 2,636名
  (2)支援開始 : 2002年9月

●『御宿東鳳』 <福島県会津若松市/東山温泉> http://www.onyado-toho.co.jp/
  (1)施設規模 : 客室数148室、収容数 751名
  (2)支援開始 : 2004年6月

 ●『大月ホテル』 <静岡県熱海市/熱海温泉> http://www.wafuukan.com/
  (1)施設規模 : 『大月ホテル 和風館』・・・客室数24室、収容数130名
             『ホテル ミクラス』(旧本館)・・・客室数62室、収容数176名
  (2)支援開始 : 2005年11月
 

●『鳴子ホテル』 <宮城県大崎市/鳴子温泉> http://www.narukohotel.co.jp/
  (1)施設規模 : 客室数128室、収容数550名
  (2)支援開始 : 2006年12月
 

<本件に関するお問い合わせ先>

オリックス不動産株式会社 社長室 永井・中村 TEL : 03-5574-4009
ホームページ : http://www.orix-realestate.co.jp/

 

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。