ホーム > ニュースリリース > 2011年 > ボイラーの燃料転換によるCO2排出削減を国内クレジット化

ニュースリリース 2011年

2011年02月14日

オリックス株式会社

ボイラーの燃料転換によるCO2排出量削減を国内クレジット化
〜窯業系外壁材の最大手 ニチハグループの省エネルギー化を推進〜

 オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮、以下「オリックス」)は、ニチハ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:井上 洋一郎、以下「ニチハ」)およびグループ会社のニチハマテックス株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:山田 俊一、以下「ニチハマテックス」)と共同で、国内クレジット制度(*1)に基づき「高効率ガスボイラー導入による省エネ事業」を実施しますので、お知らせします。

 今回の事業は、ニチハマテックスの習志野工場において、ボイラー燃料を灯油から高効率の都市ガスに転換するもので、3社共同で国内クレジット制度へ申請し、承認を受けました。本事業の実施により、ニチハは事業実施の5年間で、3,718t-CO2の排出量削減を見込んでおり、オリックスは本事業によって創出されるCO2排出量削減分を国内クレジットとして、ニチハより取得する予定です。

【取組図】
 
 
 オリックスは2008年から、さまざまな排出権クレジットの販売や、お客さまの商品・サービスをオフセット商品として提案から導入までサポートするカーボン・オフセットを展開してきました。リサイクル施設やデータセンターのオフセット化など、お客さまへのサービスのみならず、オリックス自動車が展開するカーシェアリング車両をすべてオフセット化するなど、お客さま、自社を通じて社会の環境負荷低減活動を推進しています。
 一方、ニチハグループは、環境負荷低減活動を企業経営の重要なテーマと位置づけ、これまで、いわき工場でのA重油からLNGサテライト設備導入によるガスへの燃料転換の実施により年間6,200t-CO2の排出量削減を見込むなど、積極的な省エネルギー取組を実施してきました。今後は自社の窯業系建材をカーボン・オフセット商品として、住宅や自動車用内装材に導入することにより、各家庭のオフセット化や、自動車排ガスのオフセット化の実現など、営業面における環境付加価値の追求を計画しています。
 オリックスは環境・エネルギー事業におけるノウハウを生かし、今回のクレジット購入のみならず、今後のニチハグループが推進する環境事業における協業について、さまざまな角度から検討し、お客さまを通じて社会の低炭素化へ貢献してまいります。

 (*1)… 国内クレジット制度とは、京都議定書目標達成計画において規定されているCO2 排出量を抑制するために排出削減量を第三者機関が認証し、自主行動計画などの目標達成のために活用する仕組みです。中小企業などにおける排出削減の取り組みを活発化し、促進することを目的としています。
国内クレジット制度:http://jcdm.jp/

【排出削減事業の概要】
(1) 事業の名称
 高効率ガスボイラー導入による省エネ事業
(2)実施事業所
 ニチハマテックス習志野工場
 所在地:千葉県習志野市東習志野6丁目18−1
(3)国内クレジット制度申請者
 ニチハマテックス :排出削減事業者
 オリックス      :排出削減事業共同実施者(国内クレジット保有予定者)
 ニチハ          :その他関連事業者
(3)事業期間
 2008年度から2012年度の5年間
(4)削減予定のCO2排出量
 3,718t-CO2 

<本件に関するお問い合わせ先>

広報部 池田・内田 TEL : 03-5419-5102

 

閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方は「Adobe®のサイト 新しいウィンドウで開きます。」から無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。