人を知る

関田 徳明

トラックレンタル営業第二部
東京・千葉エリア
2015年 新卒入社

さまざまなニーズに応えられるフィールドが
オリックス自動車にはあります。

オリックスグループのネットワークで多様なニーズに応えられる。

2015年4月に新卒で入社し、現在はトラックレンタル国立営業所で活躍している関田さんに、オリックス自動車へ入社した動機を聞いた。「就職活動は主にコンサルティング会社を中心に進めていました。決まったものを販売する営業スタイルより、お客さまの課題を解決できるサービスは何かを考え、提案する職種に就きたいと考えていました。」数多くあるコンサルティング型の提案を行う会社の中で、オリックス自動車に入社を決めた理由はどのようなところにあるのだろう。「もともと自動車や運転が好きということもありましたが、一番の決め手となったのは、自動車という枠だけに捉われず、オリックスグループ全体の事業領域の幅広さを生かして、お客さまが困っていることに対して『この商材はいかがですか?』とバリエーションが豊富な提案ができることに魅力を感じたからでした。」

まずは現場に行く。その行動力が縁になる。

大学時代は大手居酒屋チェーンで店長代理を務めていた関田さん。当時の経験が今につながっていると感じることがあるという。「店長代理としてお客さまからの苦情対応も行っていました。その際、円満に解決するために、お客さまのご要望をきちんと理解した上で、改善点をよく考えるようにしました。結果、ご要望にお応えできたお客さまは、お店のリピーターになってくださいました。お客さまの理解者になって課題を解決した経験が、現在の営業にも生かされていると思います。」トラックレンタル営業の仕事について話を聞いた。「営業の進め方はいくつかありますが、例えば、道路工事の現場へ訪問して、レンタカーを使用している会社があればお話を伺い、ニーズに合致する提案を行います。現場でお話をして関心を持っていただき、当社の商材のメリットを感じていただければ、成約につながります。また、後日アポイントをいただいてじっくりと商材のご提案をすることもあります。」

自分自身の能力を高め、ゆくゆくは所長に。

お客さまと接する際に、気を付けていることはあるのだろうか。「先輩から引き継いだお客さまはもともと関係が構築できていることが多いので、硬くなりすぎず砕けすぎず接するようにしています。」最後に今後の目標について話を聞いた。「中長期的な目標は30歳になるまでに営業所長になることです。そのためにも、営業で経験を積んで自分自身をしっかり鍛え上げていきたいと思います。」

TOP