人を知る

鍵山 貴之

リース営業本部
大阪第二ブロック
2014年 キャリア入社

決められたことだけでなく、臨機応変な対応も。
それが楽しめる人に向いている。

女性の働きやすさをポイントに転職。
今はオンオフの切り替えがしやすくなりました。

現在、大阪第二ブロックで営業アシスタントとして活躍している高尾さん。彼女は約1年前に女性が働きやすい環境を求めて転職活動を行い、オリックス自動車へ入社しました。「前職は営業として働いていましたが、長時間労働が当たり前の職場で大変でした。オリックス自動車にはアシスタントとして入社しました。決められた時間に仕事を終わらせるため効率良く作業を進めることは大変ですが、以前より時間に余裕ができたと思います。仕事が終わってから、ジムや習い事に行けるので、今はオンオフの切り替えがうまくできていると思います。周りの方が短時間勤務制度や産前産後休暇や育児休職制度をしっかり利用しているので、女性が長期的に働きやすい環境だと感じます。」

決められたことだけでなく 、臨機応変な対応も。

入社前に持っていた仕事のイメージと実際の仕事内容でギャップはあったのだろうか。「入社前はアシスタント職について、決められた事務作業をこなし、お客さまと直接やりとりする機会はないだろうと考えていました。しかし実際は、お客さまからお問い合わせが入ればお答えするのはもちろん、予期せぬ事態が起これば臨機応変に対応する力が求められます。お客さまと接するのは基本的に電話だけですが、こちらの対応次第で懇意にしていただけることもあります。私もあるお客さまと仲良くしていただけるようになり、実際にごあいさつにお伺いすることができてうれしかった経験もあります。」仕事をする上で心掛けていることはどのようなことだろうか。「日中は営業の担当者は外出していますので、お客さまからのお問い合わせはアシスタントに入ります。その対応を早く丁寧に、そして正確にするよう心掛けています。また、私自身が前職で営業を経験しているので、自分がどのように行動すれば営業の方が動きやすいか、少しは考えられていると思います。」

自分のためにも、周囲のためにも臨機応変に、効率よく。
どんな業務も前向きに 、楽しめる人に向いている。

仕事のやりがいはどのようなときに感じるのだろうか。「臨機応変に対応できたときと、効率よく時間内に仕事が終わったときは達成感を味わえます。」目標とする人物はいるのだろうか。「同じチームに短時間勤務制度を利用しながら、アシスタントのリーダーとして活躍している先輩がいらっしゃいます。産前産後休暇後すぐに復帰してバリバリ仕事をされていますが、保育園のお迎えがあるので、短時間で効率よく業務をこなし16時半には退社されています。プライベートと仕事をうまく両立していて、いつか自分も先輩のようになりたいと思います。」最後にオリックス自動車に向いている人材について聞いた。「意欲的な人です。前向きに物事を捉えて、何か起きても頑張れる人です。そのような方と一緒に働きたいと思います。」

TOP