人を知る

リース営業本部
港ブロック 第一支店
2009年 新卒入社

年次を重ねるごとに
頼りにされているという感覚も、営業の楽しさも、高まる。

いろいろな方と話す。その方が実は向いていました。

現在、港ブロック第一支店で既存のお客さまのフォローを中心に営業として活躍している松本さん。選考時は一般職に応募していた。「もともとは一般職を志望していました。正直、自分で営業をする自信がなく、営業をサポートする方が向いていると考えていました。ただ、選考が進む中で、女性営業の先輩とお話する機会があり、営業にチャレンジしたいと考えが変わりました。いろいろと不安に思っていることなどを聞いてもらう中で、総合職(営業)として働く具体的なイメージができたのが最大の理由でした。結果的に、自分には営業の方が適性があったと思います。計画的に細かく作業をするのが得意だと思っていたのですけれど、決してそんなことはありませんでした(笑)。どちらかというと、外に出ていろいろな方とお話をし、お客さまの抱える課題を解決するために一緒に考えていく方が自分に向いていました。」

一緒に考えること。信頼がやりがいにつながる。

仕事の楽しさはどのようなところにあるのだろう。「私は既に契約しているお客さまのフォローがメインなので、これまで先輩方が築き上げてきたお客さまとの信頼関係を継続させていくことが重要です。人事異動などによりお客さまを前任担当者から引き継ぐ際は、一からの関係構築のスタートとなります。そこから徐々にお客さまと仲良くなって信頼関係を構築していくことが、年次を重ねるごとに楽しくなっています。お客さまから頼りにされることも増え、営業ならではのやりがいを感じています。お客さまの社内申請用の資料を一緒に作成することもあり、一歩踏み込んだところまでサポートすると、成約の確率も高くなります。」

まだ営業として、現場を楽しんでいたい。

これからの目標を聞いた。「実は首都圏の地域限定職ですので、基本的には転居を伴う異動はないのですが、最近、他の地域で営業をしてみたいと思うようになりました。タイミングの問題もありますが、いつかチャレンジしたいと思っています。営業としてこれからもキャリアを積み、成長していきたいです。また中途入社された方や新入社員のトレーナーを担当する機会も増えています。教育担当として、後輩から『松本さんのようになりたい』と思われるような社員に成長できればと考えています。」

TOP