ビジネスを知る

フリートマネジメント部
ソリューションサービス課

フリートマネジメント部のサービスについて

―フリートマネジメント部ではどのようなサービスを提供しているのか、また特徴・強みを教えてください。
フリートマネジメント部では、法人のお客さまから車両管理に関わる業務を受託しています。フリートマネジメント部が立ち上がったのは今から9年前で、当時は、車両管理のアウトソーシングは一般的ではありませんでした。例えば、リース車両の管理や、ガソリンカード、ETCカードの管理、さらには車検期日管理など、お客さまが他社と交わしている契約についても全て当社が管理する必要があるため、当時は業界内でも『とても難易度の高いサービス』と言われていました。その後、何千台もの車両を管理している大手企業のお客さまを中心に、『車両管理は煩雑で、幅広い法務知識も必要なため、できるだけ外注したい』というご要望をいただきました。そのニーズは年々高まり、現在では、約200社、9万台超の車両管理業務をお引き受けしています。業務とシステムを一体化した管理が必要となるため、複雑なサービスではありますが、先駆者としての経験を生かしながら、非常に堅調に事業を拡大することができています。

ビジネスの進め方とマネジメントについて

―業務の流れについて教えてください。
まずお客さま企業の車両管理業務を当社の車両管理デスクに移管することから始まります。その後も、業務改善のためのご提案や、車両を使用する上でのリスクについてチェックを行うため、定期的に訪問します。部内には、そのようなコンサルティング業務を担当する総合職だけでなく、車両管理デスクと呼ばれるお客さまの電話対応を行う一般職の社員も多く所属しています。車両管理デスクの業務には、お客さまに対するきめ細やかな対応が求められます。
―チームをマネジメントする上で気を付けていることはありますか?
最も大切にしていることは、コミュニケーションを欠かさないことです。基本的に週1回ミーティングを実施し、報告・連絡・相談は速やかに行うように促しています。部長をはじめメンバー全員が大切にしているのは『仮に品質が良くても、期日に間に合わなければ、その仕事はなかったことになる』という考え方です。期日管理を徹底することで緊張感がキープされ、お客さまからも高く評価していただける仕事ができると考えています。」

TOP