事業フィールド

さまざまな「クルマ」に関連する
サービスを提供しています。

オリックス自動車はクルマは保有するものだった1970年代に、車検や自動車保険も含めた「メンテナンスリース」の定着にいち早く取組み、今日に至るまで自動車リース業界を牽引し続けています。
また、個人向け「マイカーリース」や日本初のカーシェアリング事業会社として、クルマを「買う」から「使う」ものへと、時代の変化に機敏に対応し、新しいカーライフを演出する企業に進化を遂げました。今も、さまざまなニーズに応えるべく、環境サポート、テレマティクスサービス、中古車売買など、お客さまの視点を第一に、ビジネス、生活の合理性を高めるためのさまざまなサービスを提供しています。
時代の移り変わりとともに、変化し続けるクルマの使い方に対して、私たちは、その変化が顕在化する前にその兆しを敏感に捉え、新しい価値を提供し続けています。

自動車リース・車両管理サービス

1973年より「メンテナンスリース」の将来性にいち早く着目し、整備・保険・事故対応などのクルマの管理をトータルで請け負うサービスを拡充。現在では、「コンプライアンス強化」「環境問題対応」「安全対策」に対する企業ニーズの高まりに応じて適切なクルマの使用方法をコンサルティングするトータルマネジメントを実施し、より付加価値の高いサービスを追求し続けています。

レンタカー

個人向けレンタカーから法人向けトラックレンタルまで、メーカーを問わない幅広い車種構成で、お客さまのニーズにお応えしています。また、ホテルのロビーのようなラグジュアリー感のある店舗の開発や、アミューズメント施設とのコラボ企画など、単にクルマを「貸す」だけではない、付加価値サービスの開発、支援に取り組んでいます。

カーシェアリング

クルマを共同で利用する新しいクルマの使い方として近年、急成長。個人の利用だけでなく営業車として法人にも利用されています。2002年に日本初のカーシェアリング事業会社として、事業を開始して以来、地方自治体や公共交通機関、他企業と連携したサービスの拡充により快適で豊かなカーライフの実現に取り組んでいます。

中古車リース・販売売却サポート

年間約10万台のリース・レンタルアップ車(リースやレンタルを終えた車)を、自社の中古車入札会場や小売り店舗で、法人・個人向けに販売しています。その中でも厳しい基準で選ばれた優良車両を「オリックス認定中古車」または「ワンプライス中古車リース」として販売するなど、リース・レンタカーで培われたノウハウを活かした、新しいリースサービスのカタチも作り上げています。

個人向けカーリース

24時間いつでも車種やグレード、オプション、お支払いプランを選択し、リース申し込みまで完了できるサイト「カーリース・オンライン」を開設し、クルマをより手軽に手に入れられることを実現。主にWEBを活用したリテールマーケットの深耕を推進しています。また、女性をターゲットに「お小遣いの範囲で気軽に乗れる新車」をコンセプトに「女性向けカーリースプラン」も提供しています。

TOP